HEADQUARTERS グループ統括

私どもモバイルムーブメントグループでは、『永遠に続く会社』づくりを実現するために、
揺るがない信念のもと、収益性・成長性・安定性という3つの視点で事業を見極め、事業ドメインを構築しております。
グループを統括するディヴィジョンは、日々経営課題に対し解決策を見出すことに取り組んでいます。

主軸となる広告事業は、流れの速いインターネット広告市場のトレンドをキャッチアップし、
他より早く実用化することを継続しておこない、ユーザー・クライアントの趣味嗜好を把握した広告を深化させることにつとめています。
グループ全体でのグローバル化は、顧客需要、市場動向から、成長性ある分野と捉えた結果といえます。
今後は、オフライン市場も事業ドメインとして挑戦してまいります。
店舗事業を手始めとしてヘルスケア事業等、いくつかの事業を視野にいれております。

HONKI MESSAGE所属しているスタッフの本気メッセージ

本気で楽しむ!

YOUSUKE TOOYA遠矢 陽介

「仕事も遊びも全力で」
が信条

生来のポジティブシンキングを自認する私は、すべてにおいて楽しむことを大切にしています。仕事で壁にぶつかったとしても、その壁を越えることが楽しみになれば、何かトラブルが起きても慌てずに対処できますよね? 何より一般的によく言われている「やらされている感」もなくなります。
平日も休日もなく仕事ばかりしていますが、「今日はこれを終わらせて、次にあれを段取りして…ああ、時間がない!」なんて、焦っている状況すらも楽しいんです。
結局、朝方まで夢中になって仕事をして3時間ほど睡眠をとるような生活ですが、辛いと思ったことは一度もありません。
私にとって仕事は趣味に近いのかもしれません。何でも楽しむというのが前提で、遊びと仕事を区別しない、そういった感覚でしょうか。昔からずっとそうなんです。

スローガンは
「全員ファミリー」

苦しい状況すらも楽しむという考え方は、ピンチをチャンスに変えることもできます。現在、弊社はありがたいことに業績を伸ばし続けていますが、創業当時は苦しい時期もありました。その時に去っていった従業員もいましたが、見方を変えればこの会社で最後まで頑張りたいという志を持った仲間だけが残り、少数精鋭になったとも言えます。「自分たちが頑張らないとダメなんだ!」と全員が一致団結し、会社を再び盛り上げようと本気になっていました。今思い返しても、本当に全員が熱くなっていた時期でもあったのです。
こうした経験もあって、私は自分自身と担当する部署に「全員ファミリー」というスローガンを掲げています。従業員同士が分け隔てなく意見を言い合い、同じ目標に向かって走っている。そんな会社にしていきたいのです。
モバイルムーブメントグループは、役職に関わらずおもしろいアイデアを提案すれば事業責任者に抜擢され、事業を任せてもらえる会社です。若い従業員たちには、どんどんチャレンジして、もっと仕事を楽しんでほしいですね。そして、さらにスキルアップして会社を引っ張っていく人材に育っていってもらいたいと思います。
それが第二世代、第三世代とつながっていけば、グループが掲げる『永遠に続く会社づくり』が実現するはずです。

本気で笑顔を!

KENJI SUEMATSU末松 謙治

ミッションは
『笑顔づくり』

創業メンバーである自分にとって、今の一番のミッションは、「会社の仲間が楽しく、幸せを感じ、笑顔になる」環境づくりです。ミッションというよりは、何よりの楽しみであり、実現したい大きな願いでもあります。日々の業務では、事業毎に目標やタスクがあり、一丸となって邁進しているところですが、究極的には、みんなで楽しく幸せになることを目指しています。
そのために、まず自分から率先して楽しんでいます。公私ともに(笑)。自分が幸せを感じることなく、楽しむことをできなければ、人を幸せにしたり、喜ばせたり、その楽しみの共有もできないと思いますから。目前のハードル、中長期的な目標を達成して、笑顔のたえない組織にしていきたいです。笑顔は組織運営にとって、最大のエネルギーですからね。

優しさを持ち続ける
企業に

単純に、笑顔を見るのが好きなんですよね。笑顔って、人がもともと持ち備える優しさや温もりの象徴だと思うんです。
僕たちは、インターネット業界を中心に、社会に利便性や効率性を提供して、各種のサービスを提供しています。幸いにして今日、順調に業績を伸ばし、事業拡大し、若い本当に優秀なメンバーもたくさん増えてきました。日々の業務に、楽なものは一つもなく、みんなが汗かいて涙して努力しています。
そんな優秀な彼らと一緒にいて、自分の存在意義を考えた時に、楽しく幸せを感じて笑顔になれる環境をつくりたいなって、思ったんです。発達するネット社会の恩恵をうける時代だからこそ、その一方で、実際にリアルな世界で、人と人との触れ合いを大切にして、笑顔づくりをしたいなという感情がわいてきたんですね。
あと50年もすれば、僕も含め、この会社のメンバーの何人かは、もうこの世にはいないと思います。人々を取り巻く環境も変わるでしょうし、世の中のニーズやそれに対するサービスも変わってくると思います。それでも人々が求めるもの根本は変わらないだろうし、変わらない大切なものは、あり続けると思います。
優しさや温もりを持ち続ける会社を次の世代に託していきたい。喜怒哀楽を共有する仲間たちが、このグループを支え続ける礎を築くことに、今は腐心しています。もちろん笑顔で(笑)!

本気で永遠に続く
会社をつくる!

YASUMUNE MINAMITANI南谷 康宗

社員の潜在意識を形に

モバイルムーブメントグループは、若い企業体で、これから成長する可能性の溢れるチームです。グループが掲げる『永遠に続く会社づくり』を実現させるためにも、これまでの僕の経験を活かしたいと思っています。
若いメンバーと接していると、世代による価値観の違い、歩んできた道のりや職歴による考え方の相違を感じることは少なくありません。当たり前のことですが、メンバーは各々、性格も異なり、考え方もさまざまです。でも、突き詰めるとみんな同じように、「自分や組織が成長して、幸せになりたい、笑顔になりたい。」と思っています。そして、彼らは羨ましくなるような能力や情熱の持ち主でもあります。その潜在的な想いや能力を引き出し、形にすることが、僕の使命だと考えています。
スポーツの試合前に「come on guys!(カモン ガイズ)」などと、声があがります。日本語にすれば「さあ、行こうぜ!」ですかね。この声をあげ、自らの経験を伝えて、チームを鼓舞することが、僕に与えられた役割なのかもしれません。

家族に誇れる
会社をつくる

僕が共感したのは、社長の「自分たちの家族を入社させたくなる会社にしたい。」という言葉でした。これこそ『永遠に続く会社』だと思えました。自分たちの子孫に経営理念を脈々と紡いでいくわけですから。
だから僕たちは夢をもって仕事をしなければなりません。大きい小さいにかかわらず夢を実現しようとしている姿を見せることが、子どもたちに「こういう大人になりたい(こういう会社で働きたい)。」と思わせる機会になるからです。そもそも大人が夢を語れなければ、子どもは夢なんて見ることはできないですよね。適当に通勤して、夜は会社の愚痴を肴に杯を交わす…そんな大人になりたい子どもなんていないでしょうから。
プロスポーツの試合では、家族がスタンドで観戦しているのをよく目にします。親が活躍している姿を子どもが観ているのです。会社も同じです。本気で取り組んでいる夢なら、子どもたちにも見てほしいですよね。もちろん、仕事では成功もあれば、失敗もあります。でも、本気で取り組んでいたら失敗した姿だってカッコイイ。家族に誇れる自分でいられるわけです。夢に真剣に向き合うことで、永遠に続く道程の第一歩をいま僕たちは踏み出したのではないでしょうか。

本気で積み重ねる!

KENTO IKENAGA池永 研仁

海外進出の経験で
得たこと

これまで会社からたくさんのチャンスをもらいました。やれることは何でもやってみようとチャレンジしてきたのですが、特に貴重な経験だったのが、ルーマニアでの飲食店の立ち上げでした。プライベートで社長がルーマニアを訪れた際に、現地の寿司屋で食べたシャリがおにぎりのようにかたくて美味しくなかったことがキッカケで、正しい日本食を広めようとスタートしたプロジェクトでした。当時、和食がユネスコ無形文化遺産になったこともキッカケのひとつでした。
会社としても海外進出は初の試みであり、ノウハウもない中、とりあえず現地でオープンに向けて動き出したのですが、とにかく困難の連続でした。まず、日本のようにインフラが整っていません。火力が弱く、停電もしばしば、トラブルの連続です。水道水で氷を作ることが法律で禁じられているなど法制度もこれまで体験したことのないものばかり。ルーマニア語も話せませんから、現地の方々とのコミュニケーションは身振り手振りです。でも、言葉が通じなくても本気で伝えたいと思えば、意外と理解してくれるんです。“為せば成る”を経験から学べたことは大きな収穫でした。

社長の一番の理解者に
なりたい

僕が入社した時、就職難のピークでした。100社ほど面接を受けましたが、すべて不採用。そんな僕をこの会社が拾ってくれたと思っています。その恩を忘れることはできません。
いま、僕の目標は、会社と一緒に成長していくことです。海外事業から社長室へ異動となり、社長をサポートする立場となったので、僕の言動次第では、社長や会社の恥にもなりえます。だから、普段から自分を磨こうとしています。
例えば、社長の傍にいることが多いので、身だしなみには気を遣います。必ずスーツを着用し、ネクタイを締め、社章をつけ、こまめに散髪するなど、ちょっとしたところからです。
また、社長の意思を誰よりもしっかりと理解することも心がけています。事業展開するうえで、各事業部が社長の意向と違う方向に進んでいれば、修正するような作業も率先して引き受けます。夢は、社長の一番の理解者になること。その夢を実現するためには、愚直に、日々の些細なことを積み重ねるしかありません。特別なスキルがあるわけではないですから。僕は、小さなチャレンジを本気で続けているのです。

  1. トップ
  2. 事業紹介
  3. グループ統括